求人応募の面接ではとにかく前向きに

求人サイトをチェックし、自分の希望にあう求人情報を見つけ、いざ応募しようとする際、どんなことに気をつけるべきでしょうか?

もちろん、求人募集している雇用側の情報を集め、志望動機や自分の情報を整理し、面接に挑む準備をするのは大前提で必要不可欠なことです。

そこで忘れてはいけないのは、「前向きに臨むこと」だと覚えておいてください。
逆に、求人に応募し、新しい仕事を得るために行動している時にやってはいけないのは、「過去を振り返り続ける」ことです。

例えば転職する人なら、前の職場を辞める理由があったはずです。

引っ越しや結婚を機に、という場合ならいいですが、給与や福利厚生などの待遇、人間関係に不満やストレスを抱き、辞めることになったとなると、その悔しさや悲しさを引きずったまま、転職活動をしてしまう人も少なくないでしょう。

そこで新しい仕事の求人に応募し、面接まで順調に進んだとなれば、気分も高揚し、つい口が軽くなるかもしれません。

しかし、面接の場でつい、以前の職場の愚痴や不満をこぼしてしまうのは、社会人としてNG、あなたの人格を疑われかねないので注意してください。

もし、人間関係でのトラブルで退職したのなら、面接時に退職理由を聞かれた際は、詳細な愚痴や具体的な相手への不満を並べるのではなく、「人員配置がうまくいかず、仕事が滞りがちだった」などと、詳細は伏せてやんわりと話すのが無難でしょう。
むしろ、個人や会社に対する不満をぐちぐちと挙げ連ねてしまえば「実はこの人に問題があったのではないか?」と受け取られてしまいかねません。

先述したように、新しい仕事への応募は前向きに臨むことが大切です。過去のことはあくまで簡潔に、「新しいことにチャレンジしてみたいんです」「持っているスキルをより生かせる職場で働いてみたかった」と、採用に希望を持っていることをアピールしましょう。

前向きに、つまり、気持ちをポジティブに切り替えることは、やる気を生み、面接相手へ必ず伝わるはずです。

過去ではなく、未来を考えましょう。