好条件の求人には「急がば回れ」

条件の良い求人は、早い者勝ち!…と思っている人も少なくないでしょう。たしかに好条件の求人には応募者が殺到するものです。

しかし、採用する側にとって重要なのは「いち早く求人をチェックして応募してきたかどうか」ではなく、「仕事に必要なスキルを有しているかどうか」「仕事をする上で円滑な人間関係を築くことができるかどうか」という点なのです。

良い求人情報を見つけ、焦って応募する前に、まずは求人内容に記載されている条件や資格にしっかり目を通し、自分がそれに当てはまる人間かどうかを改めてチェックしましょう。

そこで現在特にアピールできるようなスキルや資格がない場合でも、「○○1級取得に向けて勉強中」などと取得予定である旨を書いておくとかなり印象は良くなります。
(もちろん、雇用側からその点を評価してもらえたら、実際に取得できるよう努力すべきです。)

求人に応募する際は相手に高く評価してもらえるであろうアピールポイント、そして逆に相手から敬遠されてしまうNGポイントを把握しておけば、採用される確率は大きく上がります。

上記ではアピールポイントについて触れましたが、では「NGポイント」とはなんでしょうか。

それは主に面接時での受け答えにあります。仕事を探す理由は人それぞれですが、転職する人なら「以前の職場や元同僚を悪く言わない」ということを心がけましょう。

辞職の原因が人間関係やハラスメントなどの問題だった場合、そんな事情を一方的に話しても「この人にも非があったのでは?」とコミュニケーション能力を疑われてしまったら、採用面接では圧倒的に不利です。

また、過剰に謙遜したり、自信のないことを曖昧に濁してしまったりするのもやめましょう。

「自分なんか…」と自分を卑下し、「よくわかりません…」とごまかしたりしてしまう人に、仕事を任せたいと思う雇用主はそういないものです。

「ぜひ挑戦したいです」「この仕事をやりたいです」と、前向きな熱意をアピールしましょう。